秋山奈々にみつめてもらえたら・・・

秋山奈々にみつめてもらえたら・・・

★奈々をわかってくれるのは、アナタだけ★



あきやま なな
秋山 奈々 プロフィール
生年月日: 1989年12月26日
現年齢: 16歳
出身地: 日本・東京都
血液型: A型
公称サイズ(2004年時点)
身長: 156 cm
体重: ― kg
スリーサイズ: B84 W59 H84
靴のサイズ: 24.5 cm
モデル活動
デビュー: 2000年
ジャンル: ファッション、グラビア
モデル内容: 一般、水着
備考: 読者モデル出身
他の活動: 女優、歌手

★奈々をわかってくれるのは、アナタだけ★


秋山 奈々(あきやま なな、1989年12月26日 - )は、日本のモデル、女優、歌手。

東京都出身。ABP INC所属。

秋山奈々は子役モデルとしてデビューし、テレビCM等に出演。

秋山奈々はグラビアアイドルとしても活動。少女向けファッション雑誌『ピチレモン』のファッションモデル(通称「ピチモ」)としても活躍。

秋山奈々は2005年に特撮ドラマ『仮面ライダー響鬼』に音撃戦士威吹鬼に変身するイブキの弟子「天美あきら」役として出演したことから、知名度が上がった。


★奈々をわかってくれるのは、アナタだけ★


秋山奈々プロフィール

特技:書道、クラリネット、ダンス
趣味:ショッピング、音楽鑑賞
好きな食べ物:オムライス。
その他
一人称は私。ブログ上では「あきやま」。
家族構成は本人、母、祖母、モモ(猫)。母の誕生日は6月4日。
水が好きだが、泳ぎは苦手。
気管支喘息を持つ。
食べること自体への興味は基本的に薄く、少食のようである。
(本人によれば)料理は食べることよりも作ることが好き。

秋山奈々略歴2

2000年 - 『キッズデビュー』(勁文社)のレギュラーモデルとしてデビュー。
2003年 - 『ピチレモン』(学研)のレギュラーモデル「ピチモ」に。その他雑誌グラビアでも活躍。
2005年 - 『仮面ライダー響鬼』で、女優としてデビュー。
2006年 - 「わかってくれるともだちはひとりだっていい/夜明け前」でCDデビュー。

秋山奈々エピソード
歌手デビューのインタビューでは16歳と思えないほどの落着きぶりと冷静さに加え、謙虚な言葉での受け応えを披露し、集まった取材陣、周囲を脅かせた。なお、インタビュアーからは「(秋山さんは)本当に16歳ですか」と聞かれる場面もあった。
秋山奈々ha
『〜響鬼』のオーディション時も、本来はヒロインの持田ひとみ役で受けたにも関わらず、その落ち着いた性格がイメージに合わなかったために合格には至らなかったが、代わりに彼女に合わせて「天美あきら」というキャラクターが新たに設定された、という逸話がある。

秋山奈々は翌日に高校入試を控えつつも『〜響鬼』の撮影に臨んでいたそうだが、結局高校へは進学せず、芸能活動に専念する道を選んだ。

視力は0.1であるが、ダテ眼鏡を持っている。なお、「普通の眼鏡買わなくちゃ」とブログで書いていたが、購入はしていない。(2006年10月25日現在)
ブログの更新は、ほぼ毎日一回。絵文字や顔文字が多用されている。

秋山奈々出演

秋山奈々テレビドラマ

仮面ライダー響鬼(2005年1月30日 - 2006年1月22日、テレビ朝日系列、全48話) - 天美あきら 役
佐藤四姉妹(2005年5月8日 - 、BS-i、全20話) - 佐藤奈々(中学生・四女)役。
出演しているタイトル:「憧れのお宅訪問」、「家庭訪問」、「混線」「どうしてジョン・レノンとオノヨーコは結婚したの」、「乱」
恋する日曜日(セカンドシリーズ)(2005年4月3日 - 9月25日、BS-i、全26回)
アニー(2005年6月19日、第12回) - 主演 常盤ハル 役、共演 塩澤英真(穴井ジンタ 役)
東京少女(2006年4月1日 - 、TBS BooBo BOX、全6話)
「回転少女」- 主演 井ノ原凛子 役(2006年8月13日、BS-i)

秋山奈々その他のテレビ番組SKY PerfecTV!やケーブルテレビなどでも放送される番組
グラビアの美少女 #305(2004年、MONDO21)
ANIMAX 劇場版NARUTO(2005年、ANIMAX) - ナビゲーター

秋山奈々映画
仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼(2005年9月3日劇場公開) - 鈴(村娘)役

秋山奈々CM日産自動車「NISSAN 70th 新聞広告」(2003年8月 - 12月)
住友林業「理想篇」「点検・見学篇」(2003年10月 - 2004年9月)
ネスレ日本「キットカット・駅編」(2004年10月 - 12月)

秋山奈々イベント
東京キャラクターショー2005『仮面ライダー響鬼』城南高校トリオ・トークショー(2005年7月23日 11時、幕張メッセ) - 共演 栩原楽人、森絵梨佳
秋山奈々『pupil』DVD発売記念イベント
Aiai Music Carnival Vol.8(2006年7月22日 秋葉原)
CD&DVDリリース記念〜ミニライブ&サイン会(2006年、全国各地)

秋山奈々ラジオ秋山奈々のまるごとステーション(2006年7月、文化放送 & 携帯サイト) - DJ(コーナー5分間)、土曜深夜・全5回
Café de CAMUS(2006年10月 - 、TBSラジオ) - アシスタント、毎週土曜夜

秋山奈々雑誌UP to boy(ワニブックス)- 連載コーナーを持つ
ピチレモン(2003年、学習研究社) - レギュラー
Girls! vol.15(2004年、双葉社)
Best Gear(2004年、徳間書店)
チューボー(2005年、海王社)
東映ヒロインMAX Vol.03・Vol.18(辰巳出版)
T'A ティーンズアクトレス Vol.3 (2005年5月31日、宙出版)- Pick up
週刊少年チャンピオン No.44(2005年9月29日、秋田書店) - チャンピオンLOVE<第51回>カラー
月刊オーディション 11月号(2005年10月1日、白夜書房)
ニュータイプ 18年5月号 増刊「NewWORDS 2006 SPRING ISSUE」(2006年3月22日、角川書店) - 巻中記事「オトナのめがねの選び方」モデル
Newtype THE LIVE 特撮ニュータイプ 18年5月号(2006年4月1日、角川書店)
ヤングアニマル嵐 No.5(2006年4月7日、白泉社) - 巻中グラビア(写真集『pupil』より 7ページ)
memew vol.30(2006年4月26日、近代映画社) - 特集グラビア(制服でポンSPECIAL)
ヤングジャンプ(2006年6月1日、集英社) 27号 - センターグラビア(グアムロケ)
kindai 9月号(2006年7月22日、近代映画社)
ヤングアニマル 15号(2006年7月28日、白泉社) - 対談 大槻ケンヂ

★奈々をわかってくれるのは、アナタだけ★



秋山奈々作品

秋山奈々シングル
わかってくれるともだちはひとりだっていい/夜明け前(2006年7月26日、ビクターエンタテインメント)
オレンジ色(2006年11月22日、ビクターエンタテインメント)

秋山奈々写真集
秋山奈々写真集 Pupil(ピューピル)(2006年2月25日、ワニブックス)ISBN 4-8470-2918-6

秋山奈々DVD秋山奈々 pupil(2006年5月27日、ワニブックス)ISBN 4-8470-2934-8
StilL ProgresS DVD vol.1(2006年7月26日、ビクターエンタテインメント)


★奈々をわかってくれるのは、アナタだけ★



"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E5%B1%B1%E5%A5%88%E3%80%85" より作成
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タグ:秋山奈々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。