黒木瞳に奪われたい

黒木瞳ってどうよ?


★黒木瞳に奪われたい!! 楽天でみるみる★


黒木 瞳(くろき ひとみ、1960年10月5日 - )は、日本の女優。身長163cm。血液型はA型。オフィス稲垣所属。

元宝塚歌劇団月組トップ娘役。芸名は出身地の福岡県八女郡黒木町(くろぎまち)出身に因んで同じく黒木町出身の五木寛之が命名した。なお、在団時の愛称はショーコちゃん。本名:伊知地 昭子(旧姓:江上)。



黒木瞳 略歴
黒木瞳は八女高校在学時映演部長として九州大会進出。音楽大学への進学が決まっていたが記念受験で受けた宝塚に一回で合格。

黒木瞳は卒業後の1979年4月に、宝塚音楽学校に入学。1981年に宝塚歌劇団に入団し『宝塚春の踊り』で初舞台。宝塚時代の同期には、北原遥子、真矢みき、涼風真世、毬藻えりらがいる。

黒木瞳は下級生時代、1982年1月より朝日放送の情報ワイド番組『おはよう朝日です・土曜日です』に北原とともにレギュラー出演、レポーターなどをこなした。

黒木瞳は入団2年目(研2)の時に史上最速出世記録で、大地真央の相手役として月組トップ娘役に就任。

黒木瞳のトップ就任については技量の未熟さや時期尚早ではとの異論もあったが、顔が小さく男役としては細身だった大地が、同じく顔が小さく華奢、さらに「おはよう〜」で度胸ある番組進行をこなしていた黒木に着目、相手役にしたいと申し出て就任が実現したという。

黒木瞳は『あしびきの山の雫に』『シプーレット』『ガイズ&ドールズ』などに出演。

黒木瞳は1985年、『二都物語/ヒート・ウェーブ』の東京公演で大地と同時退団、女優に転進した。


黒木瞳の退団後の活躍

退団後は女優として活躍。映画デビュー作「化身」が評価され、ドラマの時代劇やサスペンスなどを中心に活動を続けていたが、1997年に映画「失楽園」に出演し、不倫の恋を大胆に演じて大きな話題となった。原作とともに社会現象となったこの作品をきっかけに知名度が一気に広がり、活躍の場が広がった。

またこれ以降、黒木瞳は各種の好感度調査などで上位の常連となり、「理想の上司」「キャリアマザーのファッションリーダー」「主婦のおしゃれのお手本(大垣共立銀行付属総合研究所の調査結果)」といった評価がなされている。KIRIN「お酒と生活文化研究所」が実施した「会社(職場)の人とのお酒の飲み方に関する意識調査」では「一緒にお酒を飲みたい女性上司」の第一位に選ばれた(同期の真矢みきも10位に選ばれている)。


黒木瞳は1991年、結婚。1998年に長女を出産。詩集やエッセーの出版もしている。

黒木瞳は平成18年11月19日、大相撲九州場所にゲスト解説者として出演し、毎年初場所を観戦し、座布団を投げる逸話を紹介。夫と相撲をとるとも。1999年1月場所の初優勝以来、千代大海の大ファン(千代大海のエピソード項参照)。

自身のホームページではファンからの質問や感想に目を通し、多くのファンに返事を書き、それをホームページに載せている。


★黒木瞳に奪われたい!! 楽天でみるみる★


黒木瞳の出演作品

黒木瞳のテレビドラマ
朝の連続テレビ小説 都の風(1985年、NHK)
裸足のシンデレラ(1988年、NHK)
結婚してシマッタ(1988年、TBS)
火曜サスペンス劇場 追い詰められた女(1988年、日本テレビ)
晴れのちカミナリ(1989年、NHK)
いまどき銀座物語ぼんぼん(1989年、CX)
雨よりもやさしく(1989年、TBS)
過ぎし日のセレナーデ(1989年-1990年、TBS)
刑事貴族(1990年4月、日本テレビ) - 志村由美子役
青春の門
都会の森(1990年6月、TBS)
熱血!新入社員宣言(1991年4月、TBS) - 蓮川弥生役
真夜中は別の顔(1992年1月、テレビ朝日)
腕におぼえあり(1992年9月、NHK)
ジェラシー(1993年1月、日本テレビ)
銀行(1994年1月、NHK)
クニさんちの魔女たち(1994年4月、ANB)
ママのベットへいらっしゃい(1994年10月、ANB)
大河ドラマ 八代将軍吉宗(1995年1月、NHK) - お久免役
昨日の敵は今日も敵(1995年4月、TBS)
ひと夏のラブレター(1995年4月、TBS)
“無影燈”渡辺淳一スペシャル(1996年4月、TX)
透明人間(1996年4月、日本テレビ) - 大沢真実役
新宿鮫U(1996年5月、NHK-BS)
天晴れ夜十郎(1996年9月、NHK)
義務と演技(1996年10月、TBS)
夜会の果て(1997年9月、NHK) - 黒田滝子役
上杉鷹山〜二百年前の行政改革〜(1998年、NHK正月時代劇) - 千代役
愛しすぎなくてよかった(1998年1月、ANB)
その男の恐怖(1998年6月、CX)
眠り狂四郎(1998年12月、ANB)
リング−最終章−(1999年1月、CX)
魔女の条件(1999年、TBS)
永遠のアトム 手塚治虫物語(1999年4月、テレビ東京)
TEAM(1999年10月、フジテレビ) - 丹波郁恵役
次郎長三国志(2000年1月、TX)
イマジン(2000年1月、関西テレビ・フジテレビ) - 飯島美津子役
百年の物語 第一話(2000年8月、TBS)
TEAM special(2000年11月、CX)
オヤジぃ。(2000年10月、TBS) - 神崎美矢子役
刑法第39条フラッシュバック(2001年2月、TX)
ミスDJ(2001年2月、CX)
ルーキー!(2001年、関西テレビ・フジテレビ) - 望月玲子役
ドラマスペシャル TEAM(2001年10月、CX)
恋を何年休んでますか(2001年10月、TBS) - 堀川咲子役
鬼子母神(2001年11月、ANB) - 工藤公恵役
ゴールデンボウル(2002年4月、日本テレビ) - 佐倉瞳役
明智小五郎対怪人二十面相(2002年8月、TBS)
TEAM3(2002年9月、CX)
恋を何年休んでますか スペシャル(2002年10月、TBS)
鬼畜(2002年10月、NTV)
クリスマスの花束(2002年12月、KTV)
忠臣蔵(2003年1月、TX)
狼女の子守歌(2003年1月、TBS)
GOOD LUCK!!(2003年1月、TBS) - 富樫のり子役
愛するために愛されたい(2003年7月、TBS)
失われた約束(2003年9月、CX)
TEAMスペシャル4(2003年9月、CX)
さとうきび畑の唄(2003年9月、TBS) - 平山美知子役
白い巨塔(2003年10月〜2004年3月、フジテレビ) - 花森ケイ子役
夫婦。(2004年10月、TBS) - 山口華役
星野仙一物語(2005年1月2日、TBS) - 星野扶沙子役
世にも奇妙な物語 春の特別編 「幻の少年」(2005年4月)
二十四の瞳(2005年8月2日、日本テレビ) - 主演 大石久子役
涙そうそう この愛に生きて(2005年、TBS) - 主演 志津役
恋の時間(2005年10〜12月、TBS) - 主演 北見雪枝役
プリマダム(2006年4〜6月、日本テレビ) - 主演 万田佳奈役
遙かなる約束(2006年11月25日、CX) - W主演 蜂谷久子役


★黒木瞳に奪われたい!! 楽天でみるみる★


黒木瞳のバラエティ・その他

黒木瞳のレギュラー

欽ちゃんのどこまで笑うの?!(1988年 ~ 1989年、テレビ朝日)
驚きももの木20世紀(1993年 ~ 1994年、朝日放送) - 三宅裕司 と共に初代の司会。
日本レコード大賞(TBS)数回、司会。
- 以下、ゲスト出演

笑っていいとも!(フジテレビ)
オレたちひょうきん族(〃)
とんねるずのみなさんのおかげです(1988年、〃)
HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP(〃)
SMAP×SMAP(〃)
FNS歌謡祭(〃)- 2005年、2006年に草なぎ剛と共に司会。
他多数


黒木瞳の映画
化身(1986年10月、東映)
花園の迷宮(1988年、東映、1月)
姐御(1988年11月、東映)
ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー(1988年12月、プロモーティブEye21)
動天(1991年1月、東映)
渋滞(1991年4月、アルゴ)
略奪愛(1991年10月、東映)
怖がる人々“火焔つつじ”(1994年4月、松竹)
蔵(1995年10月、東映)
四十七人の刺客
失楽園(1997年5月、東映)
学校の怪談3(1997年7月、東宝)
SADA(1998年4月、松竹)
花のお江戸の釣りバカ日誌(1998年12月、松竹)
破線のマリス(2000年3月、AAE)
千里眼(2002年6月、東映)
すずらん(2002年6月、松竹)
月(2002年7月、ニューウェーブ)
仄暗い水の底から(2002年1月、東宝)
それいけ!アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひみつ(2002年7月、テアトル) - ローラ姫役
T・R・Y(2003年1月、東映)
阿修羅のごとく(2003年11月、東宝) - 宝塚の大先輩、八千草薫と共演
Mr.インクレディブル(2004年、米ディズニーアニメ映画) - 日本語吹替版 ヘレン・パー/インクレディブル夫人の声
Tokyo Tower(2005年1月、東宝)


★黒木瞳に奪われたい!! 楽天でみるみる★


黒木瞳のCM日本メナード化粧品
日産自動車 セドリック(Y33後期型)
参天製薬 サンテドウプラスE
三井住友海上火災保険
ハウス食品 こくまろカレー
ダイドードリンコ デミタスコーヒー
クロレッツガム
松下電工(本人そっくりのCGが登場)
松下興産
NTT東日本
ライオン デイフレッシュ・ソフラン
JR九州 九州新幹線
チョーヤ梅酒 梅酒紀州
日立製作所 "Wooo"ブランドキャラクター
エスエス製薬 エスタックイブ(2005年9月〜)
ダイハツ工業 エッセ
ハウス食品 火鍋房 中華しゃぶしゃぶのたれ(チャイナドレス姿を披露)(2006年10月〜)
ソフトバンクモバイル(2007年1月下旬〜予定)

黒木瞳の舞台ハムレット(1990年、日生劇場)
陽気な幽霊(1993年5月、銀座セゾン劇場)
オセロー(1994年9月、日生劇場)
mama loves MAMBO(2000年8月、パルコ劇場)
クリスマス・ボックス(2001年11月、青山劇場・12月、大阪フェスティバルホール)
mama loves MAMBO U(2002年6月、パルコ劇場他)
mama loves MAMBO V(2004年4月、天王洲アイルアートスフィア他)
黒木瞳25周年トークショー“Muse more talking&dansing”(2005年5〜8月、東京・大阪・広島・福岡・沖縄・神戸・名古屋)
mama loves MAMBO W(2006年8月18日〜30日、ル テアトル銀座他)

黒木瞳のラジオ
ダイドードリンコpresents 黒木瞳のちょっとひとりごと(TOKYO FM) - 2000年4月〜9月
Shimano Fishing Cafe(fm osaka) - 2000年11月〜12月
SUZUKIハッピーモーニング・黒木瞳のいってらっしゃい(ニッポン放送) - 2003年1月〜9月
黒木瞳のTALK RADIO(ニッポン放送) - 2005年1月〜9月
ダイハツシンプル・ビューティ 黒木瞳 ホッとGoing(ニッポン放送) - 2005年10月〜

黒木瞳の音楽
全てシングルCD。

それでいいのね(1991年10月)
片方のつばさ(1999年12月)
運命〜ぐうぜん〜(2005年11月23日〜12月31日限定発売)
その他

福岡県立輝翔館中等教育学校校歌(作詞)

黒木瞳の著書

黒木瞳のエッセイ集わたくしが泣く時
夫の浮わ気
モン・モエ
ひとみごちて(フォトエッセイ)
もう夫には恋は出来ない(フォトエッセイ)
母の言い訳

黒木瞳の詩集
長袖の秋
夜の青空
恋のちから 愛のススメ(ニッポン放送の番組で披露した五行詩を書籍にしたもの)

黒木瞳の写真集17か月のDesigned Woman

黒木瞳の翻訳絵本すきなの だあれ?
たからものさがし

★黒木瞳に奪われたい!! 楽天でみるみる★



黒木瞳の受賞歴1987年:第10回日本アカデミー賞新人俳優賞『化身』
1995年:第6回日本ジュエリーベストドレッサー賞(30代部門)
1997年:第21回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞『失楽園』
1997年:第10回日刊スポーツ映画大賞主演女優賞『失楽園』
1997年:第22回報知映画賞最優秀主演女優賞『失楽園』
2001年:第10回日本映画批評家大賞女優賞『破線のマリス』
2001年:第8回E-ライン・ビューティフル大賞
2002年:第7回アジア・テレビジョンアワード優秀演技賞『ゴールデンボウル』
2002年:第1回Ms. Lily賞(オランダ国際球根協会)
2003年:第19回ベストジーニスト
2004年:第15回日本ジュエリーベストドレッサー賞(40代部門)
2005年:第1回ライフスタイリスト・オブ・ザ・イヤー
2006年:第13回ベストスマイルオブザイヤー賞
2006年:第35回ベストドレッサー賞

黒木瞳の関連項目
俳優
日本の女優一覧
福岡県出身の有名人一覧
刑事ドラマ
日本アカデミー賞
福岡県立輝翔館中等教育学校


宝塚歌劇団
花組 | 月組 | 雪組 | 星組 | 宙組 | 専科

宝塚大劇場 | 東京宝塚劇場 | 宝塚音楽学校

劇団統括団体:阪急電鉄




"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%9C%A8%E7%9E%B3" より作成
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タグ:黒木瞳

小島 可奈子 美神!!

小島可奈子って?


★小島可奈子は美の女神様!! 楽天★


小島 可奈子 プロフィール 愛称: コジカナ
生年月日: 1975年9月17日
現年齢: 31歳
出身地: 日本・福岡県
血液型: A型
公称サイズ(2006年時点)
身長: 160 cm
体重: ― kg
スリーサイズ: B85 W59 H86
靴のサイズ: ― cm
モデル活動
デビュー: 1997年
ジャンル: グラビア
モデル内容: 一般、水着、ヘアヌード
他の活動: 女優

小島 可奈子(こじま かなこ、1975年9月17日 - )は福岡県出身のタレント、グラビアアイドル、女優。博多女子高等学校出身。


小島 可奈子の略歴
高校卒業後、福岡ドームのドームクィーン(場内見学ツアーの案内役など)やミス宝くじを務めている最中にスカウトされ1997年にデビュー。事務所フィットに所属し雑誌グラビア・写真集、バラエティなどの活動を行った。

小島 可奈子は1999年頃より、女優としての活動も増加。同年、深夜ドラマ・シネマカクテル『ABC...XYZ』でドラマ初出演・初主演。

2000年、ドラマ30『三つのお願い』で主演。
2003年、事務所移籍で一旦休業する。
2004年9月、セミヌード写真集「叶々(カナカナ)」で復帰。同名同内容のDVDも発売。
2005年4月より、再び休業。休業中に「小島あかり」として舞台などの個人活動を行う。
2006年8月、事務所オフィスエアーに所属し「小島可奈子」として仕事を再開。 同年11月10日発売の雑誌『フライデー』で自身初のヘアヌードを披露。2冊組のヘアヌード写真集『Moon&Sun』を同月22日に発売。

小島 可奈子の主な出演

小島 可奈子のテレビ足立区のたけし、世界の北野(1997年 - 2002年、フジテレビ他)レギュラー
ゲームWAVE(1998年、テレビ東京他)2代目アシスタント
シネマカクテル「ABC...XYZ」(1999年、関西テレビ他)主演(歯科助手・陽子役)
ドラマ30「三つのお願い」(2000年8月、TBS系)主演
DAMAS「せっかくの喜び水びたし」(2002年、MBS・大阪市消費者センター)主演

小島 可奈子の映画
大いなる完(1998年) 監督:高橋伴明
菊次郎の夏(1999年) 監督:北野武
クラヤミノレクイエム(2000年) 監督:森岡利行
sWinGmaN(2000年) 監督:前田哲
ピカレスク(2002年) 監督:伊藤秀祐

小島 可奈子の出版

小島 可奈子の写真集skip!(1997年5月、英知出版)ISBN 4754211596 撮影:木村智哉
39℃(1998年4月、バウハウス)ISBN 4894611155 撮影:渡辺達生
D'ej`a・vu(2000年7月、ワニブックス)ISBN 4847025725 撮影:野村誠一
叶々(カナカナ)(2004年9月、竹書房)ISBN 481241816X 撮影:くぼたあきひと
Moon&Sun(2006年11月22日、バウハウス)ISBN 4778803337 撮影:橋本雅司、毛利充裕

小島 可奈子のビデオ・DVDうれしいね(1996年8月、リーガル出版)
KANAKO-CHA-MA(1997年3月、英知出版)
SOUNDS of BEACH(1997年10月、英知出版)
ファイナルビューティー(1998年1月、竹書房)
I miss you(1998年11月、ポニーキャニオン)
Nonfiction(1999年8月、パイオニアLDC)
叶々(カナカナ)(2004年9月、竹書房)

★小島可奈子は美の女神様!! 楽天★


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B3%B6%E5%8F%AF%E5%A5%88%E5%AD%90" より作成

カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島

カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島とは
★カンニング竹山カンニングマスコット根付 楽天★



カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島の概要
小学校時代からの同級生である竹山隆範と中島忠幸が、吉本総合芸能学院(NSC)で1992年「カンニング」を結成。吉本福岡在籍時代のデビュー当時は竹山が赤・中島が青のタキシードを着て漫才をしていたが、さっぱり売れず借金だけが残った。その後一時期ワタナベエンターテインメントに在籍。自分達で事務所を立ち上げた事もあったがうまくいかず1年で解散。現在はサンミュージック企画プロジェクトGETに所属。

カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島のコンビ名の由来はなんとなく語呂がよかったから命名したもので、特に深い意味はない。竹山は不動産屋でアルバイトをしていた時期があり、中島は中野区の惣菜屋で副店長まで任されていた。お笑い界きっての料理の腕で知られる。その為「いつかは小さな店を開き、中島が厨房で料理を作り竹山が接客して、馴染みの客に芸人時代のことを照れながら話してみたい」と(冗談半分ではあっただろうが)語ったことがある。

カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島の2001年に『虎の門』のコーナー「お笑いTIGER'S GATE」内で一部的に賞賛を受ける。その後、次第に番組のセミレギュラーに昇格。一部の番組で「僕たちはテレ朝っ子です」とネタの中で発言するのは、このブレイクする前からの『虎の門』出演が所以だといえるだろう。

カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島の2003年に『めちゃ²イケてるッ!』のコーナー「笑わず嫌い王決定戦」に出演して注目を集める。この時は「中野のケーブルテレビでは人気者」と紹介された。

カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島の2004年、すでに結成10年を超えて出られなかった第4回M-1グランプリに覆面をして「とんこつなんこつ」のコンビ名で出場、3回戦まで進出。その後、『笑いの金メダル』で同コンビ名&覆面姿でネタを披露した。同年10月21日に左とん平のカバーで日本クラウンからCDデビュー。発売記念イベントなども行われたがさっぱり売れなかった。そのほかにも売れないことを逆手に取った自虐ネタを持ちネタとし、2004年にかけてお笑いブームに乗って一躍人気芸人の仲間入りを果たした。


カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島の『エンタの神様』などの番組では数々の問題も起こしており、最も好き嫌いが明確な芸人といえる。五味一男曰く、「昔のビートたけし、とんねるずみたいな感じ」とのこと。また、『ズバリ言うわよ!』にゲスト出演時、ネタ見せと鑑定で長井秀和ら他の芸人のネタでは顔色一つ変えなかった細木数子から、「面白かった。けれどコンビでの仲の悪さが見えてる」と言われた。

同じく細木数子出演の『幸せって何だっけ』で竹山は「38歳辺りまでに結婚したほうがいい」と言われ、番組を通じて同棲中の女性にプロポーズし、その後FNS25時間テレビで「2007年春には正式に結婚する」と発表した。

2004年12月には、中島が急性リンパ球性白血病で長期休養することになり、竹山がピンで活動する事になった。ちなみに闘病中は竹山の出演料を二人で分け合って中島の分は治療費の一部にあてられていたという。

コンビの名残からか、現在に至るまで「カンニング竹山」と称されることが多い(竹山の希望という説もある)。同年、DVD『カンニングの思い出づくり』を発売。中島の復帰は当初「年内から2006年春(遅くとも4月末頃)には復帰」と言われていたが、予定から大幅に伸びてしまい4月には復帰できていなかった。また2006年11月には退院し「2007年5月ごろに復帰」との情報が出たものの、直後に再入院。それからしばらくした2006年12月20日、中島は白血病ウイルス性肺炎のため帰らぬ人となった(享年35歳)。

★カンニング竹山カンニングマスコット根付 楽天★


中島が亡くなった翌日、竹山は記者会見を開いた。落ち込んだ様子で「正直、とても残念」「中島は戦友だし、夫婦みたいなものです」と述べた。また、コンビが実質的な解散となった中島亡き後も「カンニングの竹山」として活動していくことを宣言している。

『笑いの金メダル』で、竹山のみ笑金オールスターズとして2度目のCDを出す。更に、第5回M-1グランプリでは山崎邦正とコンビを組み、「竹山崎」として3回戦に進出した。

またカンニングはロックバンド「Janne Da Arc」の応援リーダーとしても活動中だが、シングルCDの告知CMでキレまくっていた為か、ファンから「Janne Da Arcに近づくな!」などの抗議が来たと後日『ミュージックステーション』で語った。この際、『絶対買うなよ!』とCMでキレたら(Janne Da Arc)CDは沢山売れたが、自分達のCD(ヘイ・ユウ・ブルース)で同じことをやったら本当に売れなかった、とも語っていた。


メンバー
竹山隆範(たけやま たかのり、1971年4月2日 - )血液型O型
福岡県出身。ボケ担当。中島の復帰が予定されていた2007年春に結婚の予定。
中島忠幸(なかしま ただゆき、1971年6月14日 - 2006年12月20日)血液型O型
福岡県出身。ツッコミ担当。故人。

カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島の出演番組
虎の門(『虎ノ門』時代〜)(テレビ朝日)
エンタの神様(日テレ系)不定期
笑いの金メダル(朝日放送・テレビ朝日系)
カンニングのDAI安吉日!(BSフジ)

カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島の過去の出演番組
湘南バンクTV (tvk) 毎月第2・第4土曜日

カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島の出演作品

カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島のCDカンニングのヘイ・ユウ・ブルース(日本クラウン)2004/10/21

カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島のDVDエンタの神様 ベストセレクション Vol.1(バップ)2004/12/22
エンタの神様 ベストセレクションVol.2(バップ)2005/1/26
エンタの神様 ベストセレクションVol.3(バップ)2005/2/23
カンニングの思い出づくり(ポニーキャニオン)2005/1/14
イエヤス 爆笑セレクション Vol.4(ビデオメーカー)2005/12/23

カンニング (お笑いコンビ)の竹山と中島のインターネットコンテンツ
ショートカッツ-実写版- 中島 #14 犬おやじ・竹山 #18 黒坂先生(小学館マイクロムービーズ)


★カンニング竹山カンニングマスコット根付 楽天★



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0_%28%E3%81%8A%E7%AC%91%E3%81%84%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%29" より作成

小泉 今日子亀梨和也との交際!!

小泉今日子とは

★小泉今日子の半径100m 楽天★

小泉 今日子(こいずみ きょうこ、1966年2月4日 - )は、神奈川県厚木市出身の女性歌手、女優。 バーニングプロダクション所属、筆頭タレント。O型。 厚木市立三田小学校卒業、厚木市立睦合中学校卒業、神奈川県立津久井高等学校中退(入学して半年で父親が退学届けを出したとの事)。

小泉 今日子のプロファイル

日本テレビのオーディション番組「スター誕生!」出身。
1982年「私の16才」でアイドル歌手としてデビュー。
1985年発売の「なんてったってアイドル」は、(それまでのアイドルでは無かったことだが)自らアイドルと称していることで話題になった。KYON2(キョンキョン)の愛称で知られる。
1989年、自身のアルバム「KOIZUMI IN THE HOUSE」で、当時まだあまりメジャー扱いされていなかったハウスミュージックを取り入れたことで話題を呼ぶ。

小泉 今日子はWOWOWで放送された「センセイの鞄」により2003年度文化庁芸術選奨・新人賞を女優として受賞した。

小泉 今日子の恋愛・スキャンダルはかなりあったというが、結婚・離婚は各一回だけである。1995年2月22日、俳優・永瀬正敏と結婚したが、2004年の同日に離婚。

小泉 今日子の005年7月よりテレビ朝日系列で放送されているテレビアニメ「あたしンち」のオープニングテーマ曲が、「あたしンちの唄」に変更された。はじめクレジットタイトルには歌手名は「あたし仮面(仮)」と記され正体が隠されていたが、同年8月27日の同番組の放送で正体が小泉と発表された。

小泉 今日子のデビューよりバーニングプロダクション所属だが、グループ事務所を含め他事務所からの移籍が多い同社のタレントで珍しい生え抜きタレント。

小泉 今日子のエピソード
デビュー2年目のある日、所属事務所の方針に嫌気が差し、突然、無断で髪をバッサリ切り、刈り上げに。
当時ティーン雑誌「Dunk(男区)」(集英社)の創刊イメージキャラクターに決まっていたのだが、あわてた編集部は大きく路線を変更した。学ランを着させて、応援団チックなキャラクターで「コイズミよろしく!」と謳ったのである。

これがきっかけで「キョンキョン」というニックネームと並行して、初めて苗字で呼ばれるアイドルの先駆者となった。これ以後、おニャン子クラブのメンバーや荻野目洋子(オギノメちゃん)などが後に続き、現在は苗字呼びのアイドルは普通となっている。

小泉 今日子の尖った顎先が特徴だが、同期の堀ちえみによるとエレベータ−のボタンを(手がふさがっているときには)顎で押していたらしい。アイドル時代の親衛隊の掛け声にも「L・O・V・Eラブリー今日子!ちえみに聞いた!エレベーター!顎でボタンを押さないで〜!」というものがあった。
同期では中森明菜と親しい。ステージ上で観客に生卵をぶつけられてしまった時、舞台の袖のほうへ連れていってもらったというエピソードがある。

小泉 今日子はタバコが大好きなことで有名。TBSテレビで2003年10月8日に放送された「ディスカバ!99」では小泉が爽やかにタバコを吸う映像が放送され、その喫煙ポーズの美しさは巷で評判となった。

小泉 今日子は小柄だったことと芸能界入りが決まったことがあって断念したというが大のプロレス好きでレスラーになりたがっていたという。
アイドル時代は一見ふくよかな体型だったが、当時のライブビデオなどを見ると実は筋肉質で、アスリートのように鍛えられた身体をしていることがわかる。前述のレスラー志望の名残であろう。

小泉 今日子のアンアンに連載していたショートエッセイ『パンダのアンアン』中での自己申告によると身長は154cm。このためアイドル時代は常にハイヒールを履かされており、転ばないようにいつも前のめりに踏ん張っていたのでふくらはぎに立派な筋肉がついてしまった、と同エッセイにて告白している。

小泉 今日子のアイドル時代における衣装の奇抜さも有名であり、中には自らがデザインをして製作した衣装や、スタイリストをつけず独自の判断で衣装を選ぶことも多い。ファッションのことについて厳しい視点を持っていた芳村真理も「自分をちゃんと主張しているから素晴らしい」と彼女のファッションセンスにお墨付きを与えたほど(余談だが小泉とは盟友に当たる同期の中森明菜も芳村から同様のお墨付きを与えられている)。

女性誌の対談で永瀬正敏と知り合い後に結婚したが、この対談は永瀬のファンだった小泉の指名だった。この時の対談で一番意気投合したのが、お互い子供が嫌い、と言う事だった。小泉はアイドル絶頂期の時から、自身のラジオ番組などで「子供が嫌い、子供は恐い」と公言していた。

現在のアイドルでも子供が嫌いと公言する者はいない。それまでのアイドルは、そのイメージを保つ事が鉄則だったが、小泉は「なんてったってアイドル」で、アイドルである事を楽しむ、あるいは遊ぶ、新時代のアイドルの形を創り出した。その影響力はアイドルの範疇を超えて現在の女性の時代に通じる、女性の生き方を松任谷由実や松田聖子らと共に示したと言えるだろう。これはもはや女性運動史にも残るものであろう。絶頂期の小泉の言動は大きな注目を浴び、「ザ・ベストテン」で小泉が愛読書として紹介した吉本ばななが、一夜にしてベストセラー作家になったのは有名である。


1980年代後半から1990年代前半にかけて、『小泉をCMで起用した商品は売れる』という法則があった。雑誌の記事などでは「売上10%増」とも書かれていたが、実際に、当時の小泉今日子をCMで起用した商品は、起用する前と後では売り上げに大きく差が出たという。

小泉 今日子は女性歌手の中では松田聖子、浜崎あゆみらを抑えてオリコンベスト10入りの曲数では歴代一位であり、いかに人気が長期間継続したかが伺われる。

学生時代はヤンチャしていたといい、著書で修学旅行先で他校生徒とトラブルになった云々の記述があるほか、とんねるずのみなさんのおかげです、では石橋貴明から「厚木の悪育ちの小泉」とからかわれていた。

2005年1月26日早朝、小泉の運転する車が目黒区青葉台に止めてあったバイクと接触。車はそのまま走り去った。バイクは発進する直前であり、一歩間違えれば大惨事に繋がっていた・謝りもせず逃げたとして被害者側が激怒。事態の長期化は免れないと思われていたが、1月28日、小泉が被害者の勤務先を訪問し長時間にわたって謝罪。これにより被害者側は溜飲を下げ、立件は免れた。

2006年4月27日、亀梨和也との交際が報道された。亀梨側は「親しい友人である」と説明。小泉側はノーコメントだった。


★小泉今日子の半径100m 楽天★


小泉 今日子の音楽

小泉 今日子のシングル1982年
私の16才 (作詞: 真樹のり子、作曲: たきのえいじ、編曲: 神保正明)※森まどかの曲「ねぇ・ねぇ・ねぇ」のカヴァー
素敵なラブリーボーイ (作詞: 千家和也、作曲: 穂口雄右、編曲: 矢野立美)※林寛子の同名曲のカヴァー
ひとり街角 (作詞: 三浦徳子、作曲: 馬飼野康二、編曲: 竜崎孝路)
1983年
春風の誘惑 (作詞: 篠原ひとし、作曲: 緑一二三、編曲: 萩田光雄)
まっ赤な女の子 (作詞: 康珍化、作曲: 筒美京平、編曲: 佐久間正英)
半分少女 (作詞: 橋本淳、作曲: 筒美京平、編曲: 川村栄二)
艶姿ナミダ娘 (作詞: 康珍化、作曲・編曲: 馬飼野康二)
1984年
クライマックス御一緒に (「あんみつ姫」名義) (作詞: 森雪之丞、作曲・編曲: 井上大輔)
渚のはいから人魚 (作詞: 康珍化、作曲・編曲: 馬飼野康二)
(B面の「風のマジカル」は映画『ドラえもん・のび太の魔界大冒険』の主題歌)
(作詞: 湯川れい子、作曲: NOBODY、編曲: 鷺巣詩郎)
迷宮のアンドローラ (作詞: 松本隆、作曲: 筒美京平、編曲: 船山基紀)
ヤマトナデシコ七変化 (作詞: 康珍化、作曲: 筒美京平、編曲: 若草恵)
The Stardust Memory (作詞: 高見沢俊彦・高橋研、作曲: 高見沢俊彦、編曲: 井上鑑)
1985年
常夏娘 (作詞: 緑一二三、作曲: 幸耕平、編曲: 矢野立美)
ハートブレイカー (12インチシングル) (作詞: 高見沢俊彦・高橋研、作曲: 高見沢俊彦、編曲: 井上鑑)
魔女 (作詞: 松本隆、作曲: 筒美京平、編曲: 中村哲)
なんてったってアイドル (作詞: 秋元康、作曲: 筒美京平、編曲: 鷺巣詩郎)※富士フイルム「カルディア」・富士重工業「スバル・ステラ」CMソング
1986年
100%男女交際 (作詞: 麻生圭子、作曲: 馬飼野康二、編曲: 山川恵津子)
夜明けのMEW (作詞: 秋元康、作曲: 筒美京平、編曲: 武部聡志)
木枯しに抱かれて (作詞・作曲: 高見沢俊彦、編曲: 井上鑑)※東映映画「ボクの女に手を出すな」エンディングテーマ
1987年
水のルージュ (作詞: 松本隆、作曲: 筒美京平、編曲: 大村雅朗)※カネボウ'87春のイメージソング
Smile Again (作詞: 川村真澄、作曲: 井上ヨシマサ、編曲: 土屋昌巳)
キスを止めないで (作詞: 秋元康、作曲: 野村義男、編曲: 米光亮)
1988年
Good Morning-Call (作詞: 小泉今日子、作曲: 小室哲哉、編曲: 清水信之)※クノール「カップスープ」CMソング
夏のタイムマシーン (作詞: 田口俊、作曲: 筒美京平、編曲: 川村栄二)
快盗ルビイ (作詞: 和田誠、作曲: 大滝詠一、編曲: 大滝詠一・服部克久)※映画「快盗ルビイ」主題歌
1989年
Fade Out (作詞・作曲・編曲: 近田春夫)
学園天国 (作詞: 阿久悠、作曲: 井上忠夫、編曲: 野村義男) ※ フジテレビ系ドラマ「愛しあってるかい!」主題歌、フィンガー5のリメイク
1990年
見逃してくれよ! (作詞: 活発委員会、作曲: 加藤英彦、編曲: 福田裕彦)※クノール「カップスープ」CMソング。元々はサビの部分だけCM用に作られただけだったが、好評だったためシングルとして作り直された。
LaLaLa... (作詞: 小泉今日子、作曲・編曲: 藤原ヒロシ・屋敷豪太)
丘を越えて (作詞: 小泉今日子、作曲: 青木達之・林昌幸、編曲: 東京スカパラダイスオーケストラ)※オートザム・レビューCMソング
1991年
あなたに会えてよかった (作詞: 小泉今日子、作曲・編曲: 小林武史)※TBS系ドラマ「パパとなっちゃん」主題歌。初のミリオンセラーだが、それまでNHKとのいざこざがあり、紅白歌合戦には出演できず。
1992年
自分を見つめて (作詞: 小泉今日子、作曲: EBBY、編曲: EBBY・小滝みつる)
1993年
優しい雨 (作詞: 小泉今日子、作曲: 鈴木祥子、編曲: 白井良明、コーラスアレンジ: 鈴木祥子)※TBS系ドラマ「愛するということ」主題歌
1994年
My Sweet Home (作詞: 小泉今日子、作曲・編曲: 小林武史)※TBS系ドラマ「スウィート・ホーム」主題歌
月ひとしずく (作詞: 小泉今日子・井上陽水・奥田民生、作曲: 井上陽水・奥田民生、編曲: 白井良明)※TBS系ドラマ「僕が彼女に、借金をした理由。」主題歌
1995年
BEAUTiFUL GiRLS (作詞: 小泉今日子、作曲: 筒美京平、編曲: 宮崎泉・福原まり・服部隆之)※フジテレビ系ドラマ「まだ恋は始まらない」主題歌
1996年
オトコのコオンナのコ (作詞: 小泉今日子、作曲: 奥田民生、編曲: 菅野よう子)※TBS系「COUNT DOWN TV」オープニングテーマ
1998年
Nobody can, but you (作詞: 小竹正人・小泉今日子、作曲: タカツカアキオ・納谷エミコ、編曲: 高浪敬太郎)
1999年
for my life (作詞: 小泉今日子、作曲: 菅野ようこ)※フジテレビ系ドラマ「恋愛結婚の法則 (ルール)」主題歌

小泉 今日子のアルバム1982年
マイ・ファンタジー
詩色の季節
1983年
Breezing
SEPARATION
THANK YOU
Whisper
1984年
Absolute Best For CD
KYON KYON 倶楽部
Betty
Celeblation
1985年
Today's Girl
Flapper (THE SQUAREのヒット曲『OMENS OF LOVE』のカヴァー『ウィンク・キラー』収録)
Melodies 〜Kyoko Koizumi Song Book
Do You Love Me
1986年
今日子の清く楽しく美しく
「なんてったってアイドル」の歌詞違いバージョンが収録されている。
Liar
ザ・ベスト
1987年
ボクの女に手を出すな
Hippies
Phantasien
Ballad Classics
CD FILE VOL.1
CD FILE VOL.2
CD FILE VOL.3
1988年
BEAT POP
快盗ルビイ
Best of Kyong King
ナツメロ
1989年
CD FILE VOL.4
KOIZUMI IN THE HOUSE
Fade Out-Super Remix Tracks
Ballad Classics II
1990年
No.17
1991年
afropia
1992年
K2 Best Seller
Banbinater
1993年
MASTER MIX PARTY - Koizumix Ploduction名義
TRAVEL ROCK
1994年
anytime
1996年
オトコのコ オンナのコ
1998年
KYO→
89-99 collection - Koizumix Ploduction名義
1999年
Inner Beauty
2001年
KYO→2
2002年
KYON3 〜KOIZUMI THE GREAT 51
2003年
厚木I.C.

小泉 今日子の出演

小泉 今日子の映画

生徒諸君! (1984年)
ボクの女に手を出すな (1986年)
快盗ルビイ (1988年)
踊る大捜査線 THE MOVIE (1998年)
風花 (2001年)
陰陽師 (2001年)
青い春 (2002年)
ロッカーズ (2003年)
SURVIVE STYLE5 (2004年)
空中庭園 (2005年)
雪に願うこと (2006年)
涙そうそう (2006年)
ほか

小泉 今日子のテレビドラマ
あんみつ姫 (1983〜1984年、フジテレビ)
少女に何が起ったか (1984年、TBS)
愛するということ (1993年、TBS)月村智美役
明日はアタシの風が吹く (1989年、日本テレビ)
愛しあってるかい! (1989年、フジテレビ)
パパとなっちゃん (1991年、TBS)
あなただけ見えない (1992年、フジテレビ)
僕が彼女に、借金をした理由。 (1994年、TBS)
まだ恋は始まらない (1995年、フジテレビ)
メロディ (1997年、TBS)
恋愛結婚の法則 (ルール) (1999年、フジテレビ)
恋を何年休んでますか (2001年、TBS)
私立探偵 濱マイク (2002年、日本テレビ)
マンハッタンラブストーリー (2003年、TBS)赤羽伸子 (タクシー運転手)役
大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』 (2003年、NHK)
すいか (2003年、日本テレビ)友情出演
優しい時間 (2005年、フジテレビ)ゲスト出演
セーラー服と機関銃 (2006年、TBS)
ほか

小泉 今日子のその他テレビ番組
地球ふしぎ大自然 ナレーター (NHK、草塙笋函ヒ
小泉今日子のホーリーマウンテン (日本テレビ)
いいともテレフォンゲスト (フジテレビ)

小泉 今日子のラジオ番組

小泉今日子のオールナイトニッポン (ニッポン放送、水曜1部 1986年4月〜1988年9月)

小泉 今日子の舞台
シブヤから遠く離れて (2004年)
エドモンド (2005年)
労働者M (2006年)

小泉 今日子のイベント
Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ 2005 (2005年10月7日)「もし世界が100人の村だったら」〜‘Imagine’朗読

小泉 今日子のCM資生堂 「ELIXIR」
キリンビバレッジ 「午後の紅茶」
味の素
ロッテ
サントリー 「DAKARA」
サッポロ一番
武田薬品工業 「ベンザエース」
三菱電機 「霧ヶ峰」
マツダ 「レビュー」
スズキ 「アルト」
スバル 「ステラ」 (ナレーション)

小泉 今日子のJR東日本CM詳細もっともっと! (1990年3月10日ダイヤ改正) 
もっとディズニーランド (1990年3月10日ダイヤ改正)
もっと新幹線 (1990年3月10日ダイヤ改正・金曜の夜 やまびこ・あさひ増発)
素敵な場所 (1990年)
素敵な乗り物 (1990年)
白銀は招くよ (湯沢スキー場1990年12月20日オープン)
白い恋人たち (ガーラ湯沢駅1990年12月20日開業)
ジャンジャカジャーン (1991年3月16日ダイヤ改正)
乗ってちょーライナー (1991年3月19日成田エクスプレス開通)
ステップ (東北・上越新幹線東京駅開業1991年6月20日オープン)
ふるさとは遠くにあらず (1992年特急かがやき本数増便)
ダイヤとはなんぞや (1992年3月14日ダイヤ改正)
ある部屋 (1992年3月14日ダイヤ改正)
花笠音頭 (1992年東京ー山形のりかえなし直通2時間27分)
文字のコンポジション (1993年春ダイヤ改正)
電車が走る (1993年時差通勤)
夏に歌えば (1993年7月2日房総ビューエクスプレス)
ダイヤ改正デラックス (1994年)
オール2階建て新幹線Max (1994年7月15日東北・上越新幹線に登場)
Max (1994年恥ずかしがり屋)
Max (1994年撮影)
Max (1994年名前)

小泉 今日子の著作パンダのan an (1997年)
小泉今日子→往復書簡←こぐれひでこ (2003年)

★小泉今日子の半径100m 楽天★

(2006年)



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E4%BB%8A%E6%97%A5%E5%AD%90" より作成

黒崎めぐみ!平成18年の紅白歌合戦の総合司会に大抜擢!!

黒崎めぐみとは

黒崎 めぐみ(くろさき めぐみ、1968年4月18日 -)は、NHKアナウンサー。台湾台北市生まれの横浜育ち。父親の海外勤務のため、2歳半まで台湾、5歳から8歳までルーマニアで過ごす。

私立桜蔭高校を経て東京大学を卒業後、1991年にNHK入局。名古屋放送局→東京放送センター→大阪放送局を経て、2001年に再び東京放送センターへ異動。(ちなみに小野文惠アナウンサーと生年月日が全く一緒である。ただし小野アナは高校時代に留学しているため、黒崎アナのほうが一年先輩である)

平成18年の紅白歌合戦の総合司会に大抜擢され、「長くやっているとごほうびをもらえるんですねぇ」とおっとり口調で喜んだ。

黒崎 めぐみ の現在の担当番組生活ほっとモーニング 8時台・9時台(月〜金曜日8:35〜9:25、2005年4月〜)

黒崎 めぐみ の過去の担当番組
芸術劇場(日曜22:00〜24:15 音楽(第1・3週)担当)   
金曜かきこみTV(金曜日19:00〜19:45、2003年4月〜2004年3月)
フォーク大集合(毎月最終土曜日20:45〜22:15)
公園通りで会いましょう(月〜金曜日)
ウィークエンド関西(土曜日7:30〜8:15、関西ローカル)
BSニュース50
日本縦断カラオケ道場



タグ:黒崎めぐみ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。